注入

コラーゲン注入のメリット・デメリット

コラーゲンは健康の為にも美肌の為にも必要な成分だ。
このコラーゲンを体内に注入することで、肌のしわやたるみを改善することができる。
基本的には口元の法令線や目元のしわなど、気になる部分に注入することで効果を発揮する。
コラーゲン注入のメリットは、何と言ってもその手軽さだろう。

基本的にはメスも使わずに、注射器のみの施術となる。
また、気になる部分に注入するだけなのでその施術時間は15~30分程度と短時間だ。
このコラーゲン注入は、しわやたるみの改善になるばかりではない。
真皮に直接注入することでその生成能力が活発になり、また新陳代謝もあがるのでシミをなくす効果も期待できるのだ。
そもそもこれは元々が体内に存在している物質なので、外から注入しても肌に馴染みやすい。
整形手術などの美容外科手術を行うとどうしても不自然さが目に付いてしまうが、コラーゲンはごく自然な仕上がりになるのだ。

しかし、もちろんデメリットも存在する。
コラーゲンは元々体内で生成、分解されている成分なので、時間が経つと注入したコラーゲンも分解・吸収されていってしまうのだ。
個人差はあるが、大体3ヶ月~1年ほどでコラーゲン注入によって目立たなくなったしわも、元通りになってしまうということである。
また、副作用の心配もある。
主な副作用の症状としては、めまいや頭痛、吐き気、患部の痛み、腫れなどが挙げられる。

そういった症状はほとんどが重症化せずに収束していくが、もし症状が見られた場合はすぐに施術院へ行き、医師の指示を仰ぐようにする。
手軽にでき、肌の若返りを実感できるコラーゲン注入だが、一度施術を施してしまうと何度も繰り返していきたくなるのが人の性ではないだろうか。
しかし、コラーゲン注入はその病院にもよるがしわ1cmあたり数万円と、決して安価なものではない。
いつか失われていくことを考えれば、注入して若々しい肌を手に入れるのではなく、日々のお手入れや、食事などに気を配ることの方が重要なのではないだろうか。

Copyright© 2011 美容に欠かせない成分 All Rights Reserved.