注入

食事の中で上手にコラーゲンを摂る

加齢とともに減少し、劣化していくコラーゲン。
その為に肌にしわ、たるみができたり、関節の痛みが表れたりする。
そうならない為には、これを合成する繊維芽細胞を活性化したり、コラーゲンを摂取してやる必要があるのだ。

その摂取とは具体的にどうすればいいのだろうか。
まずはバランスの取れた食生活を心がけることが大切だ。
特にその元となるタンパク質、合成を助けるビタミンCが必要となる。

タンパク質不足になってしまうと、コラーゲンの分解、生成がうまくいかずにその生まれ変わりに悪影響を及ぼしてしまう。
また、ビタミンCはコラーゲンの合成に必要なので、これも一緒に摂取するようにすると良い。
これを摂取していても、その効果を下げてしまうものもあるので注意が必要だ。

まずは揚げ物などの高脂肪食。
これは摂取し過ぎると善玉ホルモンのアディポネクチンが減少して、コラーゲンやヒアルロン酸の合成を低下させてしまう。
また、糖分過多で血中に高血糖の状態が続くと、コラーゲンが糖化という異常タンパク質に変化してしまうのだ。
コラーゲン中のアルギニンが糖化すると、そこに繊維芽細胞が結合できなくなり、張力が保てずに肌のハリがなくなってしまう。
繊維芽細胞もそれによって弱ってしまうのだ。

コラーゲンというと、鼈http://www.ctcs.jp/hukumareteiru.htmlなどの特定の食材のみに含まれているイメージが強い。
しかし、実は身近な食材にも多く含まれているのだ。
たとえば、豚小間肉や鮭、ウナギなどだ。
また肉のスジや軟骨、赤みの多い硬い肉や、皮の厚い魚などにもコラーゲンは比較的多く含まれている。

肌への効果を期待するならば、1日当たり5~10gのコラーゲンが必要となる。
そのすべてを食品から摂取することは難しいので、足りない分をサプリメントで補ってやればいいのだ。
また、食生活だけでなく、もし喫煙しているのならば禁煙し、早寝早起きなどの健康的な生活を心がけることで、より肌には効果的となる。

Copyright© 2011 美容に欠かせない成分 All Rights Reserved.