注入

コラーゲンで骨粗鬆症の予防をしよう!

体中の至る所にコラーゲンは存在する。
それは骨においても例外ではない。
コラーゲンが不足することで起きる様々な影響は、骨にも及ぶ。
骨がもろくなることで知られる骨粗鬆症だが、コラーゲンはその予防にも必要な成分なのだ。

今まで骨粗鬆症はカルシウムや、ビタミンDの不足が原因と考えられていた。
しかし、それらを多く含む牛乳や野菜類を多く摂取していたとしても、骨粗鬆症になってしまうことはあるのだ。
加齢がひとつの原因と考えられていたが、近年、コラーゲン不足が主な原因ということがわかったのである。

骨におけるコラーゲンは、コンクリートマンションにおける鉄筋のような役割をしている。
反対にカルシウムは、コンクリート部分の役割をしている。
一般に骨はカルシウムの塊だと思われているが、実際はコラーゲンの網目の隙間にカルシウムをはじめとする成分が付着する形で成り立っている。
この土台である部分のコラーゲンが不足することで骨がスカスカになり、結果骨粗鬆症になっていくという訳だ。

もちろん、カルシウムなどの栄養が骨にとって大切だということに変わりはない。
いくらコラーゲンがしっかり土台をつくっていても、その隙間が埋まっていなければ骨の密度が薄く、もろく折れやすい骨ということに変わりはないのだ。
丈夫な骨の為にはカルシウムやたんぱく質、マグネシウム、ビタミンD・C、そしてコラーゲンを意識して十分摂取http://www.domzale-on.net/bihadasayou.htmlする必要があるということだ。

また、骨粗鬆症は60代以上の女性に多く見られる病気だ。
これは、多くの女性が閉経後に女性ホルモン量が減少し、骨の量が減少する為である。
高齢者が骨粗鬆症にかかると少しの刺激で骨折し、そのまま寝たきりになってしまう恐れがある。
寝たきりになることで脳の働きも衰え、痴呆や認知症を発症したり、他の病気を併発したりしてしまうのだ。
そうした事態を防ぐ為にも、まずは食事でしっかり栄養を摂取し、不足している分をサプリメントや栄養補助食品等で補っていくことが重要なのだ。

Copyright© 2011 美容に欠かせない成分 All Rights Reserved.