注入

コラーゲンの及ぼす影響

人間の体内におけるタンパク質のうち、約30%を占めるのはコラーゲンと言われている。
肌への効果が高いことで知られているが、これは肌だけではなく、骨や血管、靭帯、腱、軟骨など様々な部位に含まれる。
その肌における役割が、それだけ大きなものだということだ。

におけるコラーゲンは、コンクリートマンションの鉄筋部分のような役割をしている。
そのコラーゲンの隙間にカルシウムなどが付着し、骨を形成している。
その為、これが不足すると骨粗鬆症などのリスクが高まるのだ。

軟骨におけるコラーゲンは骨と骨との間のクッションの役割をしている。
関節軟骨内のその量が不足すると、クッション性が低下して軟骨がつぶれやすくなってしまう。
そうして痛みが発生し、重症化すると変形性関節症の原因となってしまうのだ。

血管では細かい傷の修復機能を担い、不足することによって傷がふさがりにくくなる。
それが動脈瘤や動脈硬化の原因となる。
もちろん肌においてもこれは重要な役割を果たしている。

表皮の下の真皮に主にふくまれるものは、保水、弾力性といった面で重要となる。
コラーゲンが不足することによって、水分が失われ乾燥肌になり、しわが増える。
弾力性が失われ、たるんだ肌になってしまうのだ。

このようにコラーゲンの及ぼす影響は様々で、そして重要なことが多い。
しかしコラーゲンを生成している繊維芽細胞の働きは、加齢とともに衰えていく。
個人差はあるが平均として20~25歳から減少がはじまり、50代になると20代のころと比べて70%まで減少すると言われている。

その為、食品やサプリメントからコラーゲンを意識的に摂取していく必要があるのだ。
食品に含まれるコラーゲンは非常に微量であるので、サプリメントを上手に活用すると良いだろう。
また、ストレスや乱れた生活習慣も、肌や体にとって悪影響となる。
コラーゲンの摂取ばかりだけでなく、根本から体を健康にしていくことがやはり重要なのだ。

Copyright© 2011 美容に欠かせない成分 All Rights Reserved.