注入

コラーゲンが不足することで考えられる病気

人間の体内のタンパク質のうち約30%を占めるコラーゲン。
これは主に真皮、靱帯、腱、骨、軟骨を構成している。
また、体内におけるコラーゲンは、細胞同士を接着する役割や、繋ぎ止める足場のような役割を果たしている。
これは肌だけでなく、健康の為にも必要な成分なのだ。


コラーゲンが不足するとどうなってしまうのか。
コラーゲンといえば肌への効果が高いイメージがあるように、肌にしわやしみ、たるみが目立つようになる。
これは肌の中でのコラーゲンが不足することによって、水分を保湿しておく能力が衰え、しわやたるみに繋がってしまうのだ。

膝などの関節に痛みが生じることもある。
これは、関節軟骨内にてクッションのような役割をしているからだ。
クッションであるものが不足すれば骨と骨がぶつかり合うようになり、その結果痛みを覚える。

また、動脈硬化などの恐れも出てくる。
コラーゲンは体中至る所に存在し、血管においてもそれは例外ではない。
血管での役割は、細かな傷などを修復したりする役割を負っている。
これが不足すると、血管の傷が瘡蓋上になり、段々と硬くなっていく。
そうして動脈硬化を引き起こすのである。

また、体中の細胞内の隙間をコラーゲンが埋めることで、ウィルスなどの侵入を抑制する効果もある。
また、血管と同じように痛んでしまった内臓を修復する役割もある。
これが不足すると細胞に隙間が空き、内臓の修復が遅くなる。
結果として、免疫力も下がってしまうのだ。

このようにコラーゲンは肌だけでなく、体全体に必要な成分なのだ。
これは元々体内で生成される成分だが、その生成能力はどうしても加齢とともに衰えていく。
その働きを促進する為にも、生活習慣、食生活を見直し、またコラーゲンの元となるタンパク質、合成を助けるビタミンCを意識して摂取していく必要がある。
近年は美肌、美容効果に注目があつまっているが、健康の為にも食事やサプリメントからコラーゲンを摂取していくべきだ。

Copyright© 2011 美容に欠かせない成分 All Rights Reserved.