注入

加齢によってコラーゲンが減少する理由

コラーゲンとは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつだ。
人間の体内でのその総量は、全タンパク質の30%程を占める。
通常このコラーゲンは常に体内で生成と分解が繰り返されているのだが、年齢を重ねることでそのバランスが崩れてきてしまう。
その理由は、加齢によってこれを合成する繊維芽細胞の活性が衰える為だ。
コラーゲンは体内で最も多くを占めるタンパク質なので、この合成量が減少することによって、体に与える影響はとても大きなものだ。

これが減少し始める年齢は、個人差はあるが平均として20~25歳からはじまると言われている。
50代になると20代のころと比べて70%まで減少してしまうのだ。
コラーゲンが減少してくると、肌だけではなく関節などにも痛みが出ることがある。
これは関節軟骨内にもこれが含まれ、クッションのような役目をしている為だ。

元々、コラーゲンの粒子は細長い棒状で、架橋と呼ばれる橋げたの役目をするものによって繋がれている。
若いものにはこの架橋が少なく、その為に細く、軟らかく、また保水性にも優れている。
しかし、加齢とともに丈夫な繊維を作る為に架橋は増え、太く、硬く、保水性が低下し、コラーゲンは溶けにくくなるのだ。
こうしてコラーゲンの劣化により、骨がもろくなる、軟骨が滑らかさを失う、肌のハリが失われるなどの状態になっていく。

また、加齢ばかりではなく、生活習慣やストレス、喫煙などが肌に与える影響も大きい。
生活習慣が乱れていると繊維芽細胞の働きが鈍くなりやすくなる。
そうしてコラーゲンの分解ばかりが進んでしまい、しわやたるみといった老化現象に繋がる。
この加齢によるコラーゲンの減少・老化を予防する為には、繊維芽細胞の働きを活性化させることが重要となってくる。
繊維芽細胞により体内でコラーゲンの合成が活発にされれば、新陳代謝が盛んになり、減少したことによって起こる不調が改善されやすくなる。


Copyright© 2011 美容に欠かせない成分 All Rights Reserved.